高田崇史「毒草師」

高田崇史の毒草師を読みました。QED Another Storyと副題がつけられているとおり、QEDシリーズの御名形史紋のスピンオフ。連続密室殺人事件なのだけど、トリックは、あんまり感心しません。QEDシリーズで、このトリック使ったのでは?

伊勢物語やバイケイソウの話は面白かったです。平安時代には伊勢という言葉に不吉な意味があるというのは考えた事が在りませんでした。バイケイソウは、現在でもウルイやギョウジャニンニクと間違えて食べる事故がある植物なのです。

正倉院の冶葛が、ゲルセミウム・エレガンスという毒草から作られている事が、確定しているのは初めて知りました。さすが作者自身が薬関係者です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック