保高英児「日本列島に映る「古代出雲」紀行」

保高英児の日本列島に映る「古代出雲」紀行を読みました。著者はザ・出雲研究会という団体の人らしいですが、基本的な見方は、出雲は○、大和は×的な感じです。とにかく、「出雲からの影響がここにも在った」「出雲は好意的に受け入れられた」的な見方です。どうでもいいフィクションもありました。

道後温泉と別府の話、亀岡の湖と元出雲の話、諏訪大社と伊勢の話、武蔵周辺の出雲系の話は参考になりました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック