三浦佑之「古事記のひみつ」

三浦佑之の古事記のひみつを読みました。古事記の成立が712年、日本書紀の成立が720年と言われていますが、編纂を命じたのは天武天皇なのに、古事記と日本書紀では書いている内容にかなりの差があります。その中でもヤマトタケルなどは、ほとんど逆のような書き方。

作者は古事記の本文ではなく、序について疑いを持っています。古事記がその時代に書かれたことは間違いないが、命じたもの・実際に関わったもの等は序にしか根拠がないから。

私自身は古事記・日本書紀とも全て読んだ事がないので、古事記は神話・歴史の一本化を目指して取捨選択したもの。日本書紀は、正史としていろいろな事をまとめたもの。ぐらいの認識しかなかったのですが、云われてみれば確かに同時代に異なるものを作っていたのは疑問が残ります。

古事記の4分の1が出雲神話というのは初めて知りました。取捨選択の結果が天皇家の話ではなく、出雲神話と言われると・・・・古事記って不思議ですね


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック