澤田ふじ子「大盗の夜」

澤田ふじ子の大盗の夜を読みました。土御門家・陰陽事件簿シリーズの1冊目です。主人公の笠松平九郎は、土御門家の譜代衆で触頭のひとり。舞台は江戸期の京都です。江戸を舞台にした時代小説は結構ありますが、京都が舞台になっているものを読むのは初めてかもしれません。

闇の猿・夜叉神堂の女・鬼火・鵜塚・大盗の夜・縞揃女油地獄・朧夜の橋の七編です。少しづつですが連続性があります。そういう意味ではシリーズ1冊目から読んだのは運が良かったかもしれません。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック