池波正太郎「男のリズム」

池波正太郎の男のリズムを読みました。エッセイです。新国劇の事、着物の事、映画の事、ゴッドファーザーPARTⅡの事、家族の事などが書かれています。

家にも池波正太郎のエッセイがあり、時折、手にとって読みますが、かくありたいと思う事は多いです。

なんでもかんでも「黒」「白」に分けて、理論的であろうとする、今の世の中は、やはり子供っぽいのではないでしょうか?解かり易い答えでしか納得できないのは、やはり子供っぽいのではないでしょうか?本当にそんな思考が日本人に適しているのか?私自身、いい意味で大人でありたいと思います。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック