司馬遼太郎・上田正昭・金達寿「古代日本と朝鮮 座談会」

司馬遼太郎・上田正昭・金達寿の古代日本と朝鮮 座談会を読みました。座談会形式で日本と朝鮮の関係について語られています。東アジアの人間世界では岡本太郎と司馬遼太郎の対談が書かれていますが、岡本太郎って、こんな事を語る人だったのかと再認識しました。伊勢神宮の遷宮した跡に石ころがあるのは、南方系の古代信仰の匂いがするという意見には賛成です。

チャンパ人・狛江百塚・河内飛鳥・河内安宿は今来・葛城は古来・史・安宿媛・田辺史・高句麗との関係・飛鳥千塚・飛鳥戸神社・八十島祭・河内国魂神社・辛国神社・椎の峯・有田陶磁美術館・新撰姓氏録の1/3の326氏が諸蕃・天下大将軍・地下女将軍・高麗王若光・那須国造碑・多胡碑・鬼室神社・高松塚古墳・狛坂廃寺石仏・越と出雲の関係・越から大和への道・高句麗と蘇我氏の関係・鶴林寺・一条寺・聖徳太子の唐泊・百済本紀

触れたいところは満載なのですが、メモ書き程度に残しておきます。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック