高田崇史「クリスマス緊急指令」

高田崇史のクリスマス緊急指令を読みました。7本の短編です。いつもはミステリーっぽい作品が多い高田崇史ですが、全体としてファンタジーっぽい内容の話が多いです。きれいにまとまっているのはオルゴール恋唄でしょうか。しみじみとしたTHE 有頂天ホテルといった感じ。茜色の風の吹く街では、昭和33年生まれの高田崇史は、そういう世代だったのかも知れません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック