トマス・ハリス「ブラックサンデー」

トマス・ハリスのブラックサンデーを読みました。パレスチナゲリラの男女とベトナム傷痍兵がしようとしているのは、アメリカ大統領と8万5千人が居る、ニューオーリンズのスーパー・ボウルのスタジアムで、飛行船とプラスティック爆弾を使用した空からの大量殺人テロ。対するは、モサドとFBI。

1975年に書かれたトマス・ハリスのデビュー作ですが、空からの大量殺人テロという意味では2001年9月11日のハイジャックされた航空機が、ワールドトレードセンタービルに突っ込んだテロが思い出されます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック