樋口有介「捨て猫という名前の猫」

樋口有介の捨て猫という名前の猫を読みました。

画像


月刊誌のフリーライター・柚木草平に持ち込まれた依頼。名前も告げずに、編集部に「秋川瑠璃は自殺じゃない。そのことを柚木草平に調べさせろ」という奇妙なものだった。柚木は、その死んだ女子中学生には、まったく心当たりがなかった。

内容的には苦いです。あんまり書くとネタバレするので書きませんが・・・・。でも樋口有介の文章は、そんな重苦しさを感じさせない、軽くて乾いた感触があります。私は好きですが、女性受けするかどうかは???





【中古】afb【古本】ぼくと、ぼくらの夏/樋口有介
古本市場オンライン 楽天市場店
作者:樋口有介初版発刊月:2007年05月文庫小説 約15x10cmISBN:4167531054

楽天市場 by 【中古】afb【古本】ぼくと、ぼくらの夏/樋口有介 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック