最北駅弁ほっと蟹めし

近所のスーパーで、駅弁のセールをやっていたので購入。

画像

買ったのは(有)稚内駅立売商会最北駅弁ほっと蟹めし。北海道の稚内駅の駅弁みたいです。税込価格1,100円です。

画像

お召し上がり方を確認してみると

① 箱を水平に置いて、ひもを引く。
② 必ず水平に置く。
③ ふたをしたまま5~6分待つ。

なるほど。いや、おっと、危ない。

画像


横の黄色いところに、「必ず、紙ケースをしたまま、黄色いヒモをさっと引き抜く」とある。
あやうくやっちまうところだったぜ。

黄色いヒモを引き抜くと、すぐに水蒸気が出てきます。

そして完成。

画像

ごはんに蟹の香りがして美味しいです。温かいし、電車で食べると、テンションあがると思います。
でも、きっと、紙ケースから出してしまっていたでしょう。

画像


食べた後に、簡単に開きそうなので、見て、どうすると思いながらも、熱源を確認。

画像

予想どおりというか、本当に見てどうするんだろ。でも納得。

この記事へのコメント

りらん@mixiから
2013年12月12日 00:43
久々の更新ですね。稚内は礼文に渡る際に何度も立ち寄ってるのですが、これは喰ったことがない。。。
本数が少ないから駅は道の駅と一体化してるから買う埋もれてしまっているのかも。
りらん@mixiさんへ
2013年12月16日 17:32
忘年会のメニューは決まりましたか?

稚内に行ったのは、まだ10代だった頃に一度だけ。それも急行「利尻」に乗って朝6時到着、宗谷岬とノシャップ岬に行って、8時には、また電車に乗っていたので、たったの2時間しかいませんでした。当然ながら私も食べていません。と、いうより、そんな頃に有ったのか?

稚内で一緒に岬めぐりした女の子と、少しの間だけ文通していました。今でも懐かしい思い出です。
買う気がなかったのに、つい押されてしまったのは(有)稚内駅立売商会の名前。大阪市西区立売堀出身の私には、立売の文字が見逃せなくて・・・少しセンチメンタルな感傷カモ。

この記事へのトラックバック