三ツ石神社(2)

三ツ石神社の境内へ。

画像


まずは拝殿にお参り。鳥居から三ツ石まで広いスペースがあるのに、なぜか拝殿は三ツ石の横に窮屈そうにあります。拝殿はそう古いものではないように見えます。拝殿だけでは無く、鳥居などもそんなに年数を感じさせません。そのため個人的な第一印象は、火災等の災害などで焼失等して再建?と思ってしまいましたが、後で調べてみると、そのような事実は見つかりませんでした。

そして伝説の三ツ石へ。

画像

巨大な岩が三つに割れてそびえたっています。写真で見ると二つに見えますが、ぐるりと見てみると、確かに三ツ石。花崗岩で出来ているそうです。

画像









ちなみに伝説では噴火の際に飛んできたと言われているようですが、花崗岩なので、そのようなことは無いらしいです。私はあまり岩石や地質に詳しくないのですが、msn産経の記事を読ませていただいたところ、噴火で飛んできた岩が花崗岩になることは無いらしいです。盛岡で有名な石割桜の石や櫻山神社の烏帽子岩も同じ花崗岩だそうで、縄文時代の前からここに立っていたと考えられるらしいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック