今年のゆず湯

今日は冬至です。
19年に一度の朔旦冬至(さくたんとうじ)というものらしいですが、今回はそんな話ではありません。

画像


冬至の日は、近くの銭湯で毎年ゆず湯をやっています。せっかくなので一番風呂と行きたかったのですが、仕事の都合でそうもいかず、少し遅れて銭湯へ。

ゆず湯に入った後に、サウナへ。私がサウナに行くと、中にはオジサン二人が・・・・。
オジサンの一人が、若干避けてくれたので、その間に座っていました。

一人のオジサンが出ていき、もう一人のオジサンは・・・「アツイ」「アツイ」と言いながらテレビの前、いや、テレビの少し横に行って、壁の板を触っています。
そりゃサウナの壁は熱いです。

オジサンがサウナの壁の板をめくろうとしているみたいなので、これは新手のテロなのだろうか?後で風呂屋のオヤジサンに言っとかないといかんなぁと思いつつ、オジサンに声をかけると、「開ける」と・・・???

ひょっとしてサウナの出入口と勘違いしているのかなと思い、「出口はあっちだよ」といったのですが、あんまり反応なし。

やがてオジサンはサウナの座るところにもたれかかり・・・・ダウン???
どっちにしてもサウナで放置しておくわけにもいかないので、風呂屋のオヤジサンと戻ってきたもう一人のオジサンとでサウナから担ぎ出します。

風呂屋のオヤジサンの談
 「来た時からなんかブツブツ言ってたなぁ」
戻ってきたもう一人のオジサンの談
 「砂時計二つ分くらい居た。それに酒臭かった」

脱水・泥酔どちらにせよ、サウナで倒れていたら危なすぎです。

そして後は風呂屋のオヤジサンに任せて、でも風呂屋のオヤジサンもつきっきりというわけにもいかないので、風呂屋のオヤジサンが居ないときは、しばらく様子を見ていました。

倒れたオジサンは
引き続き風呂場でダウン → 座り込んでダウン → 更衣室でダウン → 更衣室で自分でお着替え → 更衣室から退場 と順調に回復し、約1時間後、去っていきました。

めでたしめでたし。

写真は帰りにスーパーで買ったカボチャの煮付けです。冬至なので。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック