テーマ:ミステリ

高田祟史「QED伊勢の曙光」

高田祟史の「QED伊勢の曙光」を読みました。QEDシリーズの18冊目にして最終。 伊勢神宮の謎について、いろいろ書かれています。 何故、内宮より後に建てられた外宮から先にお参りするのか? 何故、祭祀も外宮の方が先 外宮先祭なのか? 何故、外宮の様式は「男千木」で鰹木も奇数本なのか?これは男神を祀っていることになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高田祟史「QED出雲神伝説」

高田祟史の「QED出雲神伝説」を読みました。QEDシリーズの17冊目。 タイトルからすると島根県の出雲や出雲大社のイメージだったのですが、奈良や京都に点在する出雲の話が多いです。出雲の起源は諸説あり、島根→奈良・京都説や、逆に奈良・京都→島根、あるいは亀岡や橿原起源説も。 別話の「QED~flumen~出雲大遷宮」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東野圭吾「聖女の救済」

東野圭吾の「聖女の救済」を読みました。ガリレオシリーズの5作目です。 真柴義孝に離婚を切り出された綾音。そして義孝を殺すことを決意する。 この作品の面白いところは、トリックの巧妙さ。 完全犯罪と思えるような手段と計画性で実行される殺人。 あまり書くとネタバレしてしまうので書きませんが、長編ミステリーを読んだ時の満足感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東野圭吾「ガリレオの苦悩」

東野圭吾の「ガリレオの苦悩」を読みました。「落下る」「操縦る」「密室る」「指標す」「攪乱す」の短編5編。ガリレオシリーズの4作目です。 「落下る」で内海薫が登場したのにビックリ。基本的にネタバレ防止に、あまりwikipediaで予備知識を入れずに読書はするのですが、気になったので見てみると、テレビドラマの内海薫は、原作者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more